私は物心ついた頃から周りにいる同じ年齢の子より太っている子供でした。体型が太っていたのですが、体の中でも特に足が太く太ももは小学校で使われている椅子に座ると太ももの肉がはみ出してしまうほどでした。

夏になり体育の時に履く短パンぐらいの丈のものを履いていると、椅子に座った時の足の太さがより目立ち、それを見た男子にからかわれていました。よく太ももデブと呼ばれ、とても落ち込みました。

そのようにからかわれたことがストレスになったのか、家に帰ってからよく食べるようになりますます太るようになってしまいました。中学校に入学すると年頃なのでさらに自分の体型のことを気にするようになり、自分の体型も嫌だし太ももが特に嫌で暇があればずっと太ももをつまんでこの肉さえなければ良かったのにと思っていました。

その頃になると、芸能雑誌や芸能ニュースなどをよく見るようになり、自分が憧れる芸能人をよく見るようになり、自分もその人のようになりたいと思い始め自分から遠ざかっていた体を動かすということを始めました。

外を走るのは、デブが走っていると言われるのが嫌で家の中でスクワットをしたり足上げをしたりと、常に足に負担をかけるように生活していました。歯磨きや顔を洗う時もつま先でやるなど自分の中にたくさんのきまりを作っていました。

このような生活で足を鍛えているのにあまり足への効果は少なく、それでも体重は減り体型は前より細くなりました。

それでも足が希望通りにはならず、がっくりしている時にテレビで硬式のテニスボールを体の木になる部分でコロコロするというのを見てやってみました。

少しずつ効果が出ていますが、中学3年生から始めて大人になっても理想の足にはなれていません。

ボディクラッシュが楽天より最安値で買える口コミとレビューを見るならこちら。